Stay up-to-date with the latest Neurotech.
NeurotechJPはニューロテックのキラーユースケースを明らかにする目的で運営しています。
ニューロテクノロジー分野の最先端で活躍する先人へのインタビューやトレンド、コラムなどを発信していきます。
NeurotechJP チーム
和木勇人 Hayato Waki
プロジェクトマネージャー
筑波大学にてBCIに関する研究に従事。日本と米国でソフトウェアスタートアップを起業、エンジニアとしての経験を詰んだ後、ニューロテックの魅力に惹かれ当メディアを立ち上げる。現在はデンマークのニューロテック会社'Neurons'にてエンジニアとしても働く。彼のパッションは、「創造性と技術力を持って、Science-Fictionを実現する1人になること」である。
門井 翔佳 Shoka Kadoi
営業
2018年、同志社大学社会学部メディア学科卒業。社会心理学専攻。Israel Brain Technologiesの主宰するカンファレンスに参加を機に、2019年6月よりマインドフルネス瞑想アプリ『Relook』にジョイン。CS、Webマーケ、プロダクトマネージャーとして働きM&Aを経験。
湯川 直旺 Nao Yukawa
コミュニティ リード
東京大学工学部4年生。現在は同大学の松尾研究室で深層学習関連の研究を行う傍ら、米国SanFranciscoにてInternational Businessを学んでいる。 Elon Musk率いるNeuralinkのように、ビジネスとNeurotechnologyを組み合わせることで、神経科学の発展に寄与することが目標。
板垣 透馬 Toma Itagaki
Podcast 共同リード
ワシントン大学神経科学部+電気工学部3年生。現在はユビキタスなニューロテックやヒューマンコンピュータインタフェースの研究を行っている。脳や体のデータを使って Human Experience を数値化し、バイオ+ニューロインスパイアされたパーソナルアシスタントを開発することを目標にさまざまな分野の勉強をしている。
児玉 英 Hana Kodama
Podcast 共同リード
プリンストン大学計算論的神経科学の博士課程に在籍中。カーネギーメロン大学で統計学学士号を取得後、神経科学にも興味を持つ。その後、米国国立衛生研究所 (NIH) で光遺伝学的刺激に関する手技を習得。侵襲的刺激に関する学術的専門知識をニューロテックの分野に活用し、人間の生命・生活を向上することに貢献するのが希望。
竹内啓人 Hiroto Takeuchi
レポート リード
九州大学大学院システム生命科学府修了。注意欠陥・多動性の傾向が強かったことから、脳・神経科学に興味を持つ。現在は、株式会社Actraなど、複数の企業にて脳・神経科学を活用したサービスの提供・事業開発に取り組む。「人の変化に寄り添い、変化を後押しする」ようなサービス・技術を提供することが目標。
アーウィン海 Kai Irwin
レポート ライター
慶應義塾大学3年。勉強がめんどくさく、脳に直接情報を入れる方法がないかと思い Neurotech に興味を持つ。Neurotech の論文をわかりやすく編集し、世に広めることがパッション。現在は同大学の BCI に関する研究室に参加しつつ Startup でエンジニアをしている。TNK18期。
宮田 寛生 Hiroo Miyata
レポート ライター
野山 大樹 Hiroki Noyama
ブログ リード
東京大学大学院 工学系研究科 博士2年。NIRSに関する研究に従事する傍らで、脳科学若手の会スタッフとして精力的に談話会などを開催している。日本のアカデミアと一般の方々の科学に対するギャップに危機感を感じており、将来的にはサイエンスコミュニケーションを通じて科学に対するイメージを変えていきたいと変えていきたいと考えている。
久保田 健太 Kenta Kubota
ブログ インタビュアー/ライター
北海道大学工学部3年生。石黒浩教授の講演を聴講したことをきっかけに人間とは何か、意識とは何なのかに興味を持つ。不死の世界を実現することを目標に広く情報のインプットを行っている。
杉田祐輔 Yusuke Sugita
ブログ ライター
東京理科大学4年。学部1年の時に”てんかん”を発症し、脳・神経科学全般について興味を持つ。現在は、脳が持つ高次機能の獲得に胎児期発生が寄与することに関心を持ち、東京都医学総合研究所にて神経発生に関する研究を行う。社会実装などアカデミアと産業の連携について関心があり、他団体にてBioTechベンチャーの起業支援事業も行う。
Ami
ブログ インタビュアー/ライター

ご連絡はこちらから